スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.03.13 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

おでかけ阻止!

JUGEMテーマ:にゃんこ

札幌の冬の外出に欠かせないコート。
こにゃんには、これを出掛ける前にリビングの床に放り出すという
悪いクセがございまして。
それをやってしまうとまもなく、こんなことになります。



はい。そろそろお出かけの時間なんですよ。



いやいやいやいや。そろそろどいてもらわないと。



そこでくつろがないでください!
あーーーー、仕事行く気が萎えてゆくー
泣



いや、これはこにゃんのこころの声だし(苦笑)

そんな冬の朝にくりひろげられる猫との攻防(?)。
今回はひさしぶりに川柳つくってみました。


  


肉球肉球肉球肉球肉球肉球肉球肉球肉球肉球肉球肉球肉球肉球肉球肉球肉球肉球肉球肉球肉球肉球肉球肉球肉球肉球肉球肉球肉球肉球肉球肉球

前回の記事で紹介させていただいた、札幌で里親募集中のミーちゃん。
無事に家族に迎えられることが決まったと、
ねこともNetさんのFacebook
お知らせがありました!

ミーちゃん、しあわせにね。本当によかったよかった
うふ



 

それぞれのトラウマ

JUGEMテーマ:にゃんこ

おかげさまでふわりの調子は安定しています。
しかしたかだか10日間程度の闘病でありながら、その日々がふわりとこにゃんの心に
残した衝撃はかなりなものだったようです。
わたしたちはそれぞれの心に「トラウマ」を抱えてしまいました。

ふわりは通院中盤から、天井の開いた箱状のいれものに入れられるのを嫌がるようになり
しまいには自分から入ることすらなくなってしまいました…猫なのに。



通院時、ふわりはいつも人の手で持ち上げられた後
天井の開いたキャリーにいれられては、すかさず閉じ込められていました。
だから、「人の手で箱のなかに入れられること」からは「病院行き」を
直結で連想するようなのです。
動物病院では待合室でも診察中もずっと震えっぱなしで、常に極限状態だったふわりには
キャリーは地獄行きの乗り物なのです
泣


一方こにゃんのトラウマは、ふわりが吐くこと。
実は通院が終わってからいままでの間に、ふわりがえづいたり吐いたりしたことが
数回ありました。

そのあとしばらく様子を見ていると、フードの食べ過ぎが原因だったりの
心配する必要のない嘔吐であることがわかるのですが
あの悪夢のような日々が再びはじまったのかもしれない恐怖に、一気に血の気が引いて
胃腸が弱ったり食欲をなくしています。

今回はそんなこにゃんとふわりの川柳です。

  

あぁ、今年最初の猫川柳がなんと情けないことにがっくり

ちなみにここ数日くらいでふわりは「箱」を克服したようですねこ


こにゃんも早く克服したいよぅ泣

ふわりの新習慣

JUGEMテーマ:にゃんこ

猫もおならするもんですよね。
我が家の姉妹のうち、いつも快便のモカがおならをしたことはまだ確認できていません。
しかし、ふわりは…

ときどきするんです。
すっごいくっさいヤツを、しかもほぼ毎回「音なし」で!!!


ふわりが人知れずおならをしているイメージを写真で表現してみましょう。






まぁ、おなかが弱くていつも軟便気味の彼女のことなので、おならがクサイのは想像しやすいことですが
部屋に突然、心当たりのないおなら臭がにおってくると、完全に不意打ちをくらってしまうのです。
こんなにちっさいからだのどこにこんなに悪いガスをためているのか、ほんとに驚き。


今回は、ふわりのすかしっぺに驚いた瞬間のこにゃんの嘆きを川柳で。


※こにゃんが猫たちに話しかけるときは基本、赤ちゃん言葉でちゅ。

そんなふわりのためにはじめた新習慣はヨーグルト。
ヨーグルトって、猫にも整腸効果が期待できるらしいです。
幸いにもふわりはヨーグルトが嫌いではないらしいので、おやつのついでにプレーンヨーグルトを
食べていただくことになりました。




はたして効果は表れるのか?また表れるまでにはどのくらいかかるのか?
何か変化があるといいな。

ところで、いろはの「い」から始めたこの川柳かるた。
「いろはうた」の50音順を忠実に守ってつくり続けてきましたが、
実は今回の「す」でとうとう完成してしまいました〜
拍手
途中トイレやうんこ、おならなどの下ネタが満載だったことをお許しくださいごめん
※ちなみに、「を」「ゑ」「ゐ」「ん」の札をつくるのはさすがにあきらめました。

テーマがあるっちゅうのは、ブログ更新の良いモチベーションになりました。
しかし、川柳がさっぱり作れないときはすなわち更新できないという問題もありました。

さて、次の更新から何をしようかしら。


 

軽くメタボ

JUGEMテーマ:にゃんこ

わがやの猫たちの体重は、モカ3.8Kg・ふわり3.0Kgと一般的なにゃんこにくらべて
かなりコンパクトそうに見えます。体重だけ見れば。
実際、ふわりが非常に小柄であることは間違いないです。
しかしもうひと方は意外に肉付きが良く、かなり前からこにゃんはメタボを疑っているのです。


モカは顔や首のあたりには肥満の兆候が見られないのですが、唯一にして最大のポイントはおなか。
からだを真上からみたとき、ウエストがくびれるどころか若干左右にふくらんでいると思うのです…



しかもね、後ろ脚のあいだのおなかの肉がつかめるのですよ!


そんなモカはあいかわらず、パトロールのためにありとあらゆる収納の中に入ってチェックするのを
日課にしています。

その収納のドアを開けるのは、100%こにゃんの仕事…
そしてなぜかこのとき、こにゃんは収納のドアを猫の顔ひとつ分くらいの幅しか開けないという
ケチくさいクセがあります。

猫は一般的に、顔がとおる幅があれば全身を通過させることができると言いますが
その15センチほどしか開けていないドアの向こうへ、モカが入ってゆくときにある問題が。
お顔が通過したあとでおなかがつかえているのです
びっくり

まぁ、写真では「つかえてる」っぷりは表現しきれないのですが
腹を扉にぶつけながら、中に入ってゆくモカの姿を想像していただければと思います。





モカがドアに両脇腹をぶつけながら中に入ってゆくときの衝撃で…


クローゼットのドアが音を立てて大きく開き、隣で寝ていたふわりがビビるの図。

 
あーあ、片付いてない収納のなかが丸見え汗
というわけで今回の川柳は、モカが扉を出入りするたびにこにゃんが目にする切ない様子です。



モカの言い分はもっともで、こにゃんがもっとドアを大きく開けてさえいれば
狭い場所でおなかをぶつけながら通る必要はないわけです。

まぁ軽くメタボの疑惑は自分にもあることだし(苦笑)、もう少しモカのおなかに甘くしてみますか。
 






 

生誕6周年記念

JUGEMテーマ:にゃんこ

今年もめでたくこの日がやってまいりました。
モカとふわりの、6回目の誕生日です
拍手拍手

姉妹が我が家に来たのは生後2か月ちょっとで、モカは1.2Kg・ふわりは800g。
ほんとにちっちゃい子猫でした。
それがいまは3倍以上の大きさになって、病気らしい病気もせず元気いっぱい。

ところで今になって悔やまれるのが、当時デジカメを所有していなかったこと。
彼女らが子猫のころは、ガラケーのカメラ機能で撮影した写真しかないのです…
当時は本当に子猫時代の貴重さがわかってませんでした
ため息

その、ガラケーのカメラでなんとかがんばって撮った写真をいくつか紹介します。


  生後4か月くらいのモカ。
  
  はじめてのカラーにチャレンジしていますが、
  いちばん小さいサイズのカラーがくるくるまわっちゃう
  というカワイイ事態
ネコ


  もうすぐ生後3か月という頃のふわり。
  
  我が家に来た翌日のショットです。

  まだちゃんと目が開ききっていなかったみたいです。
  おめめぱっちりになるまでもう少し。


  モカが我が家に来てから10日遅れて
  ふわりが家族に。
  姉妹がそろってからは、人間が疎外感を
  感じるほどの仲良しっぷりで
  眠るときはいっつも一緒。


 
こちらも寝姿。
うっかりふたり離れて眠った後にお互いを探し合ったようです。

もし、姉妹をもう一度子猫のときに迎えることができるなら
ぜったい最新のデジカメを買って、写真とムービーをとりまくるのに。
それから、お風呂トレーニングとかお散歩に挑戦なんかもしてみたい
顔文字

姉妹が元気で誕生日を迎えてくれたことに感謝しながらも
いまさらちょっと後悔しているこにゃんの気持ちを川柳で。



                   (ひだりからふわり・モカ)

ちなみにこにゃんは本日有給をとっているのですが、事情により半日しか姉妹と一緒にすごせません。
なんだか不完全燃焼な気分をぬぐえないので、今回の誕生日は次の週末までお祝いしちゃうんだもん。
我が家では14日まで、モカとふわりの生誕6周年記念祭を開催中です!
クラッカークラッカークラッカー
 

プロフェッショにゃル

JUGEMテーマ:にゃんこ

にゃんこはとにかくよく眠る動物。成猫でも1日に12〜14時間眠るそうですおやすみ
一日の半分以上眠っている。そして起きていてもまったりしている時間の多いこと。
いいなぁ、猫って商売は。ヒマそうで…と思ってしまいますが、
本にゃんたちはそこんとこ、どう思っているんでしょう。

お、モカねぇさん。らしくないですね〜。キャットタワーのリングから片脚こぼれてますよ
笑


ふわりさん、君は書類を広げるとほぼ100%ジャマしにかかるよね。


モカねぇさん、ヒモ遊びは楽しゅうございますか?


ふわりさん。キミ、それも仕事なの???



そ、そう(苦笑)

意外にも彼女たちは、好き勝手し放題に見えて実は「仕事中」だというのです。
いったいどういうことなのでしょうか?




にゃんと。君たちは24時間、365日常駐の『プロの癒し屋』だったのね。
ほんのちょっとの報酬で、君たちをこんなハードな勤務体制で働かせるママたちは

「ブラックなんとか」って思われてるのかしら汗
じゃあとりあえず、有給取る?笑

静かにしてる時に限って

JUGEMテーマ:にゃんこ

家事やデスクワークなんかに集中したいときって、にゃんこたちの妨害を受けやすいものですが
ときどきそっとしておいてくれることもあります。
でもそれに甘えて作業に没頭してしまうと、気が付いたときになにやら予想外のことをしている
ことがあって、驚かされます。

例えば…
加湿器のうえに乗っかって、電源ボタンに触ってとめちゃってたり。(ふわり)



袋を噛むのが好きなモカは、あろうことかキッチンで袋を見つけて噛みまくり。


扉が半開きだった収納にもぐりこんで、探検をしてるとか。(ふわり)


キャットタワーを覆っている布を剥がす作業が楽しいらしい。(ふわり)


お客様用のお布団に乗っかって、姉妹でなにやら語り合っている。



どうやら我が家で何かとやらかしてくれるのはもっぱらふわりらしいです。
まぁ、ネタに困らなくて良いですけれども。いやよくない。

というわけで、今回の川柳はにゃんこオーナーのあるあるです。



おっしゃるとおり。
かまってくれないから楽しいことを自分たちで探すのよね。
これからは真面目に君たちの相手をしようじゃないか!(←うそっぽい)

 

そこに箱があるから

JUGEMテーマ:にゃんこ

猫とは「箱があったら入りたい」いきもの。
なぜ箱に入りたいのか?
その根底には、「そこに山があるから」という理由で山に登る人たちと同じものがあるのでは
ないでしょうか?

今回は、これまでにさまざまな箱に入ってきたモカさん・ふわりさん姉妹に
それぞれの箱について、その魅力を解説していただきました。

こにゃん:ではふわりさん。その箱の入り心地はいかがですか?ちなみにありがちなアマゾン箱ですが。

ふわり:まぁまぁです。大きめでフィット感はあまりありませんが、
           屋根がついているところが評価できます。



こにゃん:次はモカさん。これはまた、ずいぶんぺったんこな箱ですね。こんな箱もアリですか?

モカ:やたらと幅が広すぎるのが難ですが、それを天井の低さがカバーしているので問題ありません。


こにゃん:ふわりさん、お楽しみ中すみません。これはダンボール製のひきだしですね?

ふわり:ええ、そうです。いつも木製のひきだしには出入りさせてもらえないのですが、
           ここでなら存分にひきだしに入りたい欲を満たすことができます。

    
    
こにゃん:これはモカさん、ずいぶん小さめの箱に入りましたね〜。
     多少箱にダメージがあるようですが…

モカ:自分が入れるかどうか微妙な大きさの箱を見つけたら、入らないわけにはいきません。猫として。
        そこで体が箱のサイズに合わないなら、箱を自分の体に合わせるまでです。



こにゃん:ふわりさんは箱を壊すことなく、しかも完璧にフィットしていますね。見事です!
ふわり:自分以外のものが入る余地がなく、多少窮屈に感じる程度の箱がベストです。
           その点で、この箱は非常に理想的なサイズと言えますね。



そして最後に、おふたりの箱に対する想いを川柳にまとめていただきました。


今回の取材(?)では、おふたりの箱への愛着と深いこだわりに触れることができました。
モカさん・ふわりさん姉妹が理想の箱を追求する姿を、今後も追いかけていこうと思います!

降参!

JUGEMテーマ:にゃんこ

パパがかつてモカのことを、「こんな要求の多い猫ほかにいない」と言っていたことがあります。
たしかにモカは眠っているとき以外は、視線プラス鳴き声で常に何かを要求しているような。

その要求のなかでもとりわけ頻度の多いものからあげてゆくと
1位 遊んで!かまって!
2位 こっちに来て!
3位 このドア開けて!  …など、まさに勝手気まま。

モカは子猫のころから、意思表示をするのがとっても上手。

ときには「おもちゃがこのスキマに入っちゃったから取って!」みたいな高度な意思表示をすることも。

たくさんの要求を、モカが次々と人にのませるために使っている武器は
なんといってもその大きな目を最大限に利用した「目ヂカラ」です。

正面から、背後から、ななめ上から。気付くとモカが大きな目を見開いて、こちらを見ています。
モカの目ヂカラ満載、ガン見写真の数々をどうぞ。









モカから視線を向けられていることに気づいてしまったら最後、たとえ何を要求しているのか
判断しかねていても、とりあえずスルーは許されないような気がしてしまうのです
汗

今回の川柳は、モカが要求をとおすために使うテクニック(?)を披露します。



人がモカのことを思いどおりにできることは、ほとんどありませんが
モカは自分の要求のほとんどを人に飲ませることができます。(たぶん)
我が家のボスであり主人であり女王であるモカの目ヂカラの前に、人間は服従せざるを得ないのです。
恐れ入りやした。降参です白旗白旗白旗

 

願いはひとつ

JUGEMテーマ:にゃんこ

ペットのオーナーならだれでも願うこと。
それは、ペットたちがずっとずっと健康で元気でいてくれることではないでしょうか。

わんこやにゃんこの歳を人間の年齢に換算する表を
こちらで見ることができますが、
基本的に1歳で人間で言う18歳になり、その後は1年ごとに4歳分の年齢を重ねるということ
のようです。

人間には想像つかない速さで歳をとってゆくということですね。
我が家の姉妹は今年6歳になりますが、そうすると人間でいう40歳。
とうとうこにゃんの年齢を超えてしまうのです。

いまはまだ、げんきいっぱいで(モカ)


                          
アラフォーのにおいなんて全くさせない姉妹ですが(ふわり)

                          
きみたちが快適にすごせる環境をまもってゆくから(モカ)

                          
なるべくのんびり、歳を重ねてほしい。(ふわり)

                          
というわけで、今回の川柳は非常にベタです!


わかっているならよろしいうふ


おっしゃるとおりで。
あちこちガタがきてるこにゃんが、もう何年も病気知らずのきみたちの心配をするのは
筋違いってもんでした
あせ
 

| 1/5PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

にゃんこ紹介


花モカ花
2008年6月12日生まれ
おんなのこ
気が強くてビビりな
長女

にゃんこ紹介


花ふわり花
2008年6月12日生まれ
おんなのこ
おっとりでおやつ命の
次女

↓ポチッとお願いします♪

いつでも里親募集中

きょうのにゃんこ


猫友日めくりカレンダー

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode