スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2016.03.13 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

出会い・ふわり編

JUGEMテーマ:にゃんこ
 
思いがけずもう1匹のにゃんこを迎えることになってしまったのですが
さて、どこからいただこう?   (←購入はしないというのが大前提)

そうだ。確かモカを譲ってくださった方が出していた里親募集って、
他にも子猫がいたんじゃ?

数日振りにモカの元親さんと連絡をとると、
モカのいもうと猫の里親がまだ見つかっていないという。
そして「ぜひ、もらっていただきたい」とまで言われてしまった。

モカは自宅付近まで届けていただいたが、今回も持ってきてとは言いにくい。
この件に関しては相方の意志による決定事項なので、自分で動いてもらうことに。
市内とはいえ、かなりの距離を車で迎えに行ってもらった。

この日こにゃんは仕事。
どきどき、わくわくして帰宅すると…
そこには(さらに)ちいさいモカが!

自宅にそのこを迎えたあとの様子を聞くと、モカは大はしゃぎに見えたとのこと。
ものかげに隠れたおちびさんのまわりで、ずーっとちょっかいをかけつづけては
遊びに誘っていたようです。嬉しくて仕方なかったんだろうねぇ

その日寝る間際になって、やっとそのこに触れることができました。
モカと毛色も模様も瓜二つなのに、毛質が全く違うことにそのとき初めて気付きました。
なんてふわふわ
直前まで別ななまえで呼んでいた彼女のなまえは、この瞬間「ふわり」になりました。

こにゃんの家族のメンバーが全員そろった一日でした。

↓十日ぶりの再会。手前からふわり、モカ。




出会い・ふわり編

JUGEMテーマ:にゃんこ

ふわりが我が家に来たのは、モカを迎えて10日ほどたった頃でした。

こにゃんには相方がいるのですが、彼には内緒にしたままモカを迎えてしまい
彼にしてみたら、「ある日帰宅したらねこがいた」状態だったのです。

彼はもともと幼少期からペットのいる生活を長く経験しており、
ねこの扱いにも精通しているのです。
その相方が、モカと対面した直後に言い放ったことばは
「もう一匹いないとかわいそうだよ」でした。

こにゃんも、モカをひとり残したまま家をあけることへの心苦しさは
感じていましたが、にゃんこをもう1匹というのはかなり抵抗がありました。
2匹ということはコストもお世話にかかる労力も単純に2倍だと思っていたからです。

でも、相方がどうしてもと言い張るのでもう1匹を探すことになったのです。
△悗弔鼎。

↓わがやへ来た当日か翌日くらいのふわり。モカよりもひとまわりちいさいので
見分けがラクでした





出会い・モカ編

 こにゃんは元の飼い主様を見送ったあと、一目散に自宅へ。
その間も箱のなかで子猫はずーっと鳴いています。
そして自宅にたどり着いたのですが…

子猫はどうやっても箱の中から逃げ出して玄関の片隅に隠れてしまいます。
ごはんや、お水、トイレを用意したリビングまで来てくれないのです。
そしてずっとずーっと切ない声で鳴きどおし。

ときどき鳴き疲れて眠っていたようですが、それ以外はずっとずっと鳴き続けていました
あのときのこにゃんはおろおろするばかりでしたね。
リビングから玄関に何度も様子を見に行って、お水やごはんを運んで。

あ、それからこの子猫のなまえはこにゃんが「モカ」にしました。
前情報として得ていたのは、アメショ混じりだという話とモカの写真。
やはり横文字が良いかしら。そしてベースは茶色いのねぇ
それに呼びやすいのは2文字よね
以上の条件からモカに。

なんていうのは後付けの由来で。
なんとなく「モ」からはじまる名前をつけてみたかっただけ〜
もえやモナなんて候補もありました。

モカはその日の夜、寝室にきてくれました。
でもそれは添い寝などというほのぼのしたものではなく、
枕元で一晩中鳴き続けるという、モカなりの報復のためでした。

この日からしばらくの間、こにゃんの睡眠の質はかなり悪化するのでした


↓家に連れてきた直後、玄関に置いた箱の中で。
モカはうちにきてから数時間、この状態から動こうとしませんでした。



出会い・モカ編

モカが我が家に来たのは2008年、8月の終わりのことでした。
こにゃんはそれまでも周期的に「ねこ飼いたい病」に襲われていました。
ねこと暮らしてみたい!ねこ大好き  
だけどちゃんとお世話ができるかどうか自信がない…という葛藤の繰り返し。

でも、そのときの症状は「ねこ大好き!」の方が勝っていたようです。
ある日衝動的に猫用トイレ・フードを購入してしまいました。
そしてなんとその日の夕方、モカのことを里親募集サイトで知り
当時の飼い主様とは夜に連絡がつき
翌日には会えることにー

その日の夜は実にいろんなことを考えて(主に名前)、ほとんど眠れませんでした。
そして翌日の夕方、我が家周辺の路上に着いたと先方から連絡が入り
こにゃんは外へ。車の中から元親様が小さなダンボールに入ったモカを
窓から手渡し。

こにゃんは箱の中の子猫をじっくり観察する余裕もなく、とりあえず誕生日だけを聞いて
箱ごと子猫を受け取りました。そして車はすぐに走り去り…
今思い出してもなんと乱暴な受け渡し

そうやって我が家にたどりついたモカ。
その日からこにゃんのにゃんこ人生がはじまったのでした。△悗弔鼎。


| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

にゃんこ紹介


花モカ花
2008年6月12日生まれ
おんなのこ
気が強くてビビりな
長女

にゃんこ紹介


花ふわり花
2008年6月12日生まれ
おんなのこ
おっとりでおやつ命の
次女

↓ポチッとお願いします♪

いつでも里親募集中

きょうのにゃんこ


猫友日めくりカレンダー

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode